2018年11月08日 23:59  カテゴリ:子育てカテゴリ:勉強カテゴリ:

半分愚痴



本日のブログは半分愚痴です。

どうもすみません。

さて、私達の塾は個人経営の個別指導塾でありまして、よそで断られたお子さんも多く託していただいております。

有難い事です。

二回の無料体験授業を受けていただき、お子さんが「この先生と勉強したい」とおっしやった以上は絶対に断らない事を不動の信条としておりますので、いきおいそうなります。

そして途中何が起ころうとも成績の向上と、合格を目指していきます。



なので見えないハンデのある子とも、共に頑張ります。

しかしながら私の判断や憶測で手を出してはならない領域があります。

医療です。

受け入れた、見えないハンデを抱えた教え子を何とかするのに、この領域を避けて通れない事がしばしばあります。

そうした場合、その子に主治医の先生がおられれば、私は必ず出向いて指導を仰ぎます。

子供への最善の学習指導を目指して。



ですがそうした信条というか想いが中々理解されない場合がまれにあります。

今日、ある教え子についてその主治医の指導を受けたかったのですが、素っ気なく断られてしまいました。

「学校とは協力しますが、塾とは連携できません」と。

いや、そもそも学校行って無いから、俺が支えるしか無いんだけど、、、、

それにそうなると、俺が手探りでやってく事になるんで、生徒本人の為にもよく無いと思うんだけど。

ま、いいや。

断られた以上はすっぱりと諦めて、やっていくしか無い。塾生の明るい未来を目指して。

独学でまた指導法の研究だ。

学習面では俺が最後の砦で、最後の頼みの綱なんだ。今後を通して一番長くその子と関わる教育家なんだ。

諦めてたまるか。

さて、愚痴にお付き合いくださいました皆さん

ありがとうございました

お礼に素敵な癒し画像を



いや、これ、オルビスさんから怒られたりして、、、












  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(2)