2018年10月30日 22:58  カテゴリ:子育てカテゴリ:勉強カテゴリ:

教育に最も大切なもの



本日の昼間、まだ若い方ですが、私が尊敬している障がい児福祉の支援員の方とこんな話しになりましたので、少し紹介させていただきます。

「教育に一番大事なのは何でしょうか?」

がむしゃらに目の前の生徒を教えて来ただけの私には、改めて肺腑をえぐられる話題でした。

自分のしている事の根幹は何なのかを突き詰められた思いがしました。

ただ、私には一つの回答がありました。

洞察力です。

長く先生をやっておりますと、生徒の猛烈な反抗を受けることも多々あり、実際に殴りかかってきた生徒もおります。

そうした時に「なんだこの野郎!」と、暴言に暴言を返すような、子供と同じ土俵で戦うまねをしていたのでは、何も解決はしません。感情的な説教も然りです。

慌てず焦らず、「なぜこの子は反抗するのだろう」と原因に思いを馳せ続けると、その子の家庭状況、学校での様子などが見えてきます。

そうすると、その子に対し、適切な指導や助言ができます。そして子供からの信頼を得られます。

「この子はなぜ勉強しないのだろう」「なぜ学校に行けないのだろう」と、その原因を探ってやると、そこにその子の抱える問題や、あるいは見えないハンデがある事も、自ずと明らかになってきます。

解決への道が見えてきます。

怒る前に、とにかく学校へ行けと言う前に、そうした心をぐっと飲み込んで、原因を洞察する。

おこがましい言い方になりますが、これが多くの教育困難事例を改善させてきました。

お子さんについてお悩みの方は、少し心にとめてみてください。







  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(0)

2018年10月30日 00:00  カテゴリ:子育てカテゴリ:勉強カテゴリ:

なんて生徒泣かせの先生だ、まったく



アイフォンの中のアルバムを振り返って見ておりましたら、思い出深いスクリーンショットが。





社会人入試で看護学校に挑んだ子を指導した時のものですが、

この時は大変だったなあ。

競争倍率は10倍超えと恐ろしく高いし、学校の情報はほとんど手に入らんし。

仕事帰りに塾にせっせと通ってくれたこの子を、絶対に滑らせてたまるかと、出る可能性のある問題は手加減無しで全部指導したなあ。

でもこの子、疲れてたろうに居眠りもせず、しっかり授業を聞いてくれて、黙々とその問題解いてたっけ。

本当にありがとう。

君には感謝しかない。

出会ってくれてありがとう。塾に通ってくれてありがとう。そして、合格してくれてありがとう。

これからも、こういう涙を教え子に流させてやれる先生でありたい。

気を引き締めてこれからも頑張る。

体がもつ限界まで。

生徒教えて死ねたら本望。

















  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(0)

2018年10月28日 09:35  カテゴリ:子育てカテゴリ:勉強カテゴリ:

スマホ、ゲームの使用時間を減らした実例



さて、みなさんこんにちは。

長い硬い暗い!でおなじみの仲川学院のブログです。

どうも敬遠されている節がありますので、長いのはともかく、なるべく楽しく書いてみようと思います。しばしお付き合いを。

世のお父さんお母さんを悩ませている事案にお子さんの電子機器の使用過多が有ります。

本日はそれを減らした実例を書いてみようと思います。



登場するのは、中3にして受験生の権兵衛君であります。

権兵衛君は通塾週に一回の、素直でとても良い子なのですが、とても内気な子です。

週一回通塾ですと、一週168時間のうち彼にかかわれるのはほんの1時間40分しかありません。

なので勉強を教えるというよりは、日頃の学習管理とその進捗の把握、勉強の仕方とポイントの指導がメインになります。

そうして自分で進めた勉強の中から分からない所を塾に持ってきて訊くというのが必須のスタンスになります。

ところが権兵衛君、過去にそれを言ってひどい事を言って怒られた経験が多かったのでしょう、「分かりません」がどうしても言えません。

こちらが理解度確認のための質問をしても、何も言えず、ガクガクブルブル震えて固まってしまうばかりです。

権兵衛君フリーズを発動させてしまいます。


(固まった権兵衛君イメージ)

こうなるとらちがあきませんので、「分からない事を分からないと言えるのは勇気だ」と諭し、「分かりません」と言った時は大いにほめてやる事にしました。

そうしたところ、権兵衛君、変わってきました。積極的にとまではいかないいきませんが、質問が出来るようになってきました。

コミニケーションが取れるようになってきましたので、彼に「何を、いつまでに、どのくらいやるか」を明確にして学習計画を立ててやれるようになりました。

ところが権兵衛君、家庭学習がなかなか進みません。

もう受験も迫ってきて後が有りません。

止むを得ずお母さんにも来てもらって、授業終了後、作戦会議です。


(画像はイメージです)

権兵衛君の1日をお母さんから詳しく聞きだし、その結果明らかになったのは、権兵衛君のゲームのやり過ぎでした。

私にさすがに怒られると思って、今まで言い出せなかったのでしょう。ですがお母さんにはバレバレです。

お母さんおそるべしであります。

「もうお前のゲームなんか全部捨ててやる!」

とお母さん怒り心頭であります。

さて、ここからが私の出番です

受験は長丁場です。どんなに立派な計画を立てても、息抜きや予備時間を設けておかなければ、それがネックになり失敗します。

失敗は挫折になり、挫折は次の挫折を招き、ひどい時には子供の努力する意欲を完全に奪ってしまう事があります。

不登校、ニート化の原因になることさえあります。

なので、「勉強やったら楽しくゲーム」
となるように、権兵衛君が朝起きてから寝るまでの生活の仕方を詳しく聞き取り、学校課題をやる時間、自分の勉強をやる時間、そしてゲームの時間をバランスよく配置して1日の生活計画を立てました。

我慢だけさせるのは良くありません。必ず失敗のもとになります。

我慢すれば良い事が有るという事を繰り返し体験させる事が、我慢強い子を育てるには絶対に必要です。

まあそんなこんなで、お母さんも納得し、良い学習計画ができたなあと思っていたら

ほんとうの問題はその後にあった

ところが権兵衛は何か言いたそうにもぞもぞしています。

どうやら重要な事を隠しているなと勘が働きましたので、

「勇気を出して言ってみろ。今勇気を出さないと全て台無しになるよ。また苦しい生活に戻ってしまうよ」

と彼に言ったところ、

「クエストが有るんです」

と泣きそうな顔で権兵衛君が言いました。

クエスト? なんだそりゃ。

良くは分からないのですが、定期的にゲーム画面を開いてゲームしないと、ランクと言うのか、スキルが下がるようになっているらしいのです。

ゲーム恐るべしであります。とにかく子供がやり続けなければならないように設計されているのです。

お母さんまたぶちギレ。

ですが私は彼をほめてやりました。

「よくぞ勇気を出して本当の事を言ってくれた。これでまた本当に実行出来る計画を練り直せるね」と。

何度も言いますが、我慢だけさせるのは必ず良い結果にはなりません。

そのクエストというやつに合わせた計画を練り直しました。

結局夜中の12時を過ぎるまでの大仕事になりましたが、ようやく本人もお母さんも納得出来る、ゲームを取り入れた学習計画ができました。

その結果、

今まで横ばいを続けた彼の成績は、20番も上がりました。

塾へ来る彼も意欲的に変わりました。今度はもっと成績が上がる兆しがようやくみえてきました。

ゲームを断絶させるのではなく、ゲームを利用して、上手に学習計画を立てる。

ご参考までに














  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(0)

2018年10月26日 18:18  カテゴリ:子育てカテゴリ:勉強カテゴリ:

いじめ過去最多。親が出来ること。



いじめ件数が過去最多となりました。




NHK総合 おはよう日本、26日朝6時30分ごろ放送の画面を撮影。以下同じ

中には重大な身体被害、そして自殺に至ってしまった事件もありました。



親御さんの心中は察して余りあるとともに、お亡くなりになった生徒さんに心から哀悼の意を表します。



またネットでのいじめも過去最多を記録したようです。

専門家はこう言っています。

さて、親が子をいじめから救うためにしなければならない事を二つ進言させていただきます。

優しい子ほど、いじめられていると親に言わない。ならば親の方が少しの変化も見逃さず気づいてやろう。そのために子供を普段からよく見ていよう。そしていじめられていると気づいたならば、学校も一時休ませ、親が子のために戦ってやろう。


いじめが命を奪う事も有ります。偉そうな事を言って誠に恐縮ですが、子を守ってこその親です。

そしてもう一つの進言は、

いじめは家庭から始まる事もある。子供に心無い言葉を投げつけるのはやめよう。そしてそれを「お前の為だから」と正当化する事は、子供をいじめられやすい子にしてしまう


親の暴言に耐えているうち、子供は自責の念を強くしてしまいます。そして不当にいじめられても、それは自分が悪いせいだと感じるようになります。

それが何よりもいじめられっ子を作ってしまう最大の要因になる事があります。

子供に暴言を吐く事は、子供の将来を閉ざし、時に命を奪う事にもなりかねません。

今すぐやめましょう。
















  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(0)

2018年10月25日 16:31  

そうだ!櫻園さんに行ってみよう!



嫁がお小遣いに300円くれたので、そうだ!前から気になってしょうがなかった櫻園さんに行ってみよう!

暗いブログばっかり書いてないで、たまには明るいのも書いてみよう!

カーナビに電話番号を入力。

おっ、

ちゃんと出てきましたよ「櫻園 蓑川本店」さん。

さあ出発! 意外と近いな〜と思っていたら、まさかの交通事故渋滞にはまり。事故の当事者の皆さんお気の毒です。

で、それを通り抜けると〜

じゃーん



着きましたよー♪、櫻園さん。

ついでに一枚



そして入店。

優しそうな、社長さんか店長さんと思われる方がご登場。

「ネットにアップしてもいいですか?」と尋ねると、「良いですよ〜」と優しいお返事。

買った商品がこちら



う〜ん、なんとうまそうな。

さて、書き終わったので早速食べるか。

え? 「どこが教育論なんだ」ですって。

美味しいものは体ばかりでなく、心の栄養にもなるのです、育ち盛りの子にたくさん櫻園さんのお菓子を食べてもらいましょう、えっへん

ま、という事で













  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(2)

2018年10月24日 20:03  カテゴリ:子育てカテゴリ:勉強カテゴリ:

不登校の子の「めんどくさい」は鵜呑みにしない方がいい



不登校の子が、学校に行かない理由として

「友達づきあいがめんどくさい」
「勉強がめんどくさい」

など「めんどくさい」と言う事が多々あります。

「めんどくさい」とは、やればできるのに今はするのが嫌、という意味の言葉ですので、聞かされた方は、いきおい「めんどくさいくらいの理由なら乗り越えて、さっさと学校行け!」となってしまいがちです。

ですがこの「めんどくさい」を鵜呑みにしてはいけません。

なぜなら彼ら彼女らの心中を正確に表しているわけではないからです。

ではなぜめんどくさいと言うのか




理由はいろいろありますが、一つには自分自身を口で上手に説明できない事があげられます。

この場合は「めんどくさい」のではなく、「耐えがたくつらい」と言うのが実は彼ら彼女らの本心です。

人間関係や勉強が耐えがたくつらいのですから、そのまま登校を強いることは、風邪をひいて熱がある子を無理矢理学校に行かせるのと同じです。

余計につらい状態がひどくなっていきます。

風邪を治すのが先決なように、つらい状態の原因を探る事とその解消が何よりも先で、大切な事になります。

そしてもう一つの理由は、

自分の能力の不足を認めたくないという事です。



不登校の子は、外側からどう見えたとしても人一倍悩んでいます。

そして意地もあります。

対人関係がつらいと言ってしまえば、自分の対人関係能力の低さに直面する事になります。

勉強がつらいと言ってしまえば、学習の能力の低さを自ら認めてしまう事になります。

なので「やろうと思えば自分はできるんだけど」と言う意味を含んでいる「めんどくさい」を、自分を説明する時に選んでしまいます。

この場合、「本当はつらいんだよね」と、その心中を明らかにしてやる事は、得策ではありません。

なぜなら彼ら彼女らのプライドを傷つけてしまうからです。



なので我々大人としては、子供の「めんどくさい」を鵜呑みにせず、よく吟味してやる必要があります。

その上で、適切な助言を与えましょう。そして原因が明らかになった時は、それの解消に力を貸してやりましょう。

また「めんどくさい」を、その言葉通りの意味で使っていれば、その時にはじめて注意する、叱るという選択肢が出てきます。

洞察力のある大人でありたいものです。














  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(0)

2018年10月21日 22:47  カテゴリ:子育てカテゴリ:勉強カテゴリ:

お前が虐められた時は俺がお前を守る。だから人を虐めるのはよせ(後編)



さて、後編であります。

申し訳有りませんが、リンクのやり方が分かりませんので、前編は記事一覧からご覧下さい。

「お前の悪い所を直すために」「みんなが迷惑するから」そして究極的には「お前を愛しているから」など、怒りの矛先を向けるのに一見正当な理由が見つかった時、もっとも解決困難ないじめが始まります。

しかし繰り返しますが、太刀打ちできない腕力や権力、あるいは集団で人を責めるのはいじめです。

これも繰り返しますが、

それはどのような理由があっても許されない事です。

注意や抗議はすれば良いと思います。ケンカも、対等な者同士ならやれば良いと思います。

しかしいじめは絶対に駄目です。止めるべきです。

とは言えいじめを止めるには大変なリスクを伴います。

中途半端では余計にひどくなりますし、対応を誤ればこちらの職業生命も危うくなります。

それでも我々教育を生業とするものは、そこに挑まねばなりません。

参考までに、私がいじめを止めた実例を二件だけ紹介させていただきます。

「お前が虐められた時は俺がお前を守る。だから人を虐めるのはよせ」

ある子が下級生の集団にからかわれ、塾に来られなくなってしまった事がありました。

いじめている側も、それをいじめと思っていない場合があります。単なる「親しみ」の情だと勘違いしていました。

なので関係者全員を集めて、まず「君たちのやっている事はいじめだ」と説明をしましました。

下手を打てば塾生の大半を失い、経営難に陥る事も覚悟した上での事です。

案の定、様々な異論反論が巻き起こりました。

しかし「君たちは学校か家か、どこか別の所で生じたうっぷんを、先輩の優しさに漬け込んで晴らしているんだ」と、いじめの構造を解説し、それがどんなにしてはならない事なのかを理解させ、最後に太字にした言葉を彼らにかけてやりました。

俺が守るのは一人じゃない。全員を守る。今回はたまたまその子を守るが、全員が俺にとって大切な存在だ。大切な存在同士が傷つけ合うな。

そう言って諭したところ、問題は即時に解決しました。

いじめる側を叱るだけでは絶対に駄目です。それでは片手落ちです。

なぜならいじめる方にも、実は苦しみがあるからです。

そこを理解しないいじめ対策は、失敗に終わる可能性が高くなります。

学校は文書で無ければ動かせない

さて、その件の後、今度は学校で私の塾生の一人がいじめを受けました。

私が彼らと交わした約束を果たす時が来ました。

学校とはその子のご両親を交えて話し合ったのですが、「よく気をつけて見守ります」と、誠実な言葉で応えてくれるものの、さっぱり動いてはくれません。

このままでは約束を果たしてやれません。

なので私は今後学校から圧力か報復が来る事は覚悟の上で、彼から聞き取ったいじめの事実を陳情書としてまとめ、保護者の署名捺印をもらって、私の塾からの文書として学校に提出しました。

一発でいじめが止まりました。

実は以前に生徒のために、生活保護の代理申請をした事があり、その時に「役所は文書でしか動かない」という事を実感したので取った作戦でしたが、やはり学校も役所なんだなあと思い知った事件でした。

今回のブログは、まとまりに欠く内容になってしまいましたが、何かの参考になれば幸いです。










  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(0)

2018年10月21日 21:50  カテゴリ:子育てカテゴリ:勉強カテゴリ:

お前が虐められた時は俺がお前を守る。だから人を虐めるのはよせ(前編)



さて本日は、岡崎市で発達障がい・不登校を支える会「ゆい」さん他、共催の講演会に出席して参りました。

講師の先生の講演、そしてパネラーとなって不登校になった原因やその時の気持ちを語ってくれた8人の不登校当事者の方々に、心から拍手を贈りたい内容でした。

これらの問題の根本的な解消のためには、当事者、周辺当事者のみならず、社会全体の理解が必要です。機会とお時間があれば、皆さんも是非足をお運びください。

いじめの壁

そして見過ごせない課題も大きく浮かび上がってきました。

いじめです。

パネラーの方々の半分は、いじめが不登校の原因でした。

生徒同士のみならず、教師からいじめを受けた方もおみえになりました。

そして心に負った深過ぎる傷から、何年もたつのに未だに立ち直り切れてはおられない様子も見受けられました。

いじめの撲滅は可能か

このような事は断固、社会から排除していかなければなりません。

しかし現実には大変な困難を伴います。

理由は多過ぎるからです。

昨夜は会社でいじめられている社会人の方の相談に乗っていました。

人が集まり共同で活動を行う場は、全ていじめの起きる要因をはらみ、実際にそこかしこでいじめが起きています。



問題をややこしくしているもの

いじめの定義を「抵抗不能な腕力、権力、あるいは集団の力を用いて個人を責めるもの」とすると、これは人間として恥ずべき事であり、直ちに無くさねばならないものです。

撲滅は困難と言えども、それを目指さなければならない交通事故に対する姿勢と同じく、いじめの無い社会を我々は目指さなければなりません。

しかしながら、交通事故は無い方がいい、ゼロを目指すべきだというのは見えやすいのに対し、いじめの問題は複雑です。

いじめは時に「正義」「鍛錬」「愛情」の仮面をかぶるからです。

そして交通事故のように、単に取り締まるという事だけでは解決できないからです。

また、中途半端に介入すると、いじめは絶対にひどくなります。

さて、あまりに長いブログを書きますと、途中で消えるという事態にこの間なりましたので、申し訳有りませんが、二度に分けさせていただきます。

続きは後編として書かせていただきます。















  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(0)

2018年10月20日 00:07  カテゴリ:子育てカテゴリ:勉強カテゴリ:

大学よ頑張ってくれ



9月のAO入試で合格者をすでに輩出し、11月の公募推薦、続く2月の一般入試で、今年は全員第一志望の大学に受からせてみせます。

俺は絶対にやる。

教え子の落胆の涙を見るのは二度と嫌だ。

私達がそう言う気持ちで腕によりをかけ手塩にもかけた教え子達を受け入れる大学に期待する事は、

決して彼らを甘やかす事なく、価値を生み出す力を持った人間に育ててやって欲しい、という事であります。



その為に塾生に常々言っている事が有ります。

大学はものを教えてくれる所ではない。自分から学び取りに行く所だ。そして学び取りに行けば、いくらでも素晴らしいものをつかませてくれる所だと。



日本はこれから超少子高齢化社会を迎え、そしてその時代が終われば、人口減少社会に突入します。

このままでいくと、豊かな国内市場は無くなる事を意味しています。日本の富は急速に失われていくでしょう。

その事と昨今の若者の生き方を併せて考えると、経済の原理として好景気がやってきたとしても、それは一部の経済競争能力のある人間に独占され、多くの人はその恩恵を被る事のないまま、再び不況に突入していくでしょう。

またもしかしたら、もっとグローバルに景気変動が起こり、日本が丸ごと取り残されるのかもしれません。

ベトナムやアジアの留学生と話す機会が有りましたが、彼らはがむしゃらに勉強しています。

木造アパートに暮らし、カップラーメンをすすりながら懸命に勉学に励んでいます。祖国の為に、自分の為にと。

まるでかつての日本人です。

試練を避けて済まそうとする気質を何とかしなければ、今の日本の若者では、彼らにはとても敵わないでしょう。

早晩、日本が置いていかれる日が来るような気がします。



今からの時代に生き残っていく為には、既存の価値の配分に預かろうとするのではなく、自ら新しい価値を生み出していかなければなりません。

いかに学んだ事を活かして、成功の確率を高めた挑戦をし続けていけるかに、個人の成功も国家の存続もかかっているように思います。

大学の本来の目的はそこにあったはずです。

また大学の偏差値も根本的には、有為な人材を社会にどれだけ輩出できたかで決まります。

私の大切な大切な教え子たちを受け入れる大学は、学生と共に花開く事を目指す学府であって下さい。

心からお願い致します。



















  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(0)

2018年10月18日 23:26  カテゴリ:子育てカテゴリ:勉強カテゴリ:

助けて欲しい時に助けて下さいと言う勇気



精神保健福祉士一般養成学校時代の恩師の教えにこういうのがありました。

「自立とは一人で生きる事を目指すのではない。正しい依存関係を築く事だ」

未だにこの言葉をよく思い出します。

かつての教え子に先立たれた今は、とりわけ身にしみます。

我々の社会は、互いに助け合う事で成り立っています。

例えば、

今日食べる米を、私は農家の方々に頼っています。農家の方は私の払うお金に頼っています。

病気になれば医師に助けてもらいます。医師は私達の払う実費と健康保険制度に収入を依存します。

誰も一人では生きていけませんし、一人で生活を完結させている人間を私は知りません。

自分ができない事は「できません」というのは当たり前の事です。

「できないから誰か助けて下さい」というのも、極めて自然な話です。

もちろん、自分でできる事なのに、大変だとかめんどくさいなどの理由で人にやってもらう事は論外です。なのでこれは別の話として置いておきます。

人に助けを求めるには勇気がいります。恥をしのぶ覚悟もいります。

ですがそれを乗り越えて「助けて下さい」というのは、私は勇気ある正しい行為だと思います。

「先生、この問題が分かりません。教えて下さい」と言えない子がいます。

おそらく、過去にそう言った時に、ひどく誰かに怒られ続けた事があったのでしょう。

それで萎縮する気持ちは良く分かります。

しかし良く分かるからこそ、私は「教えて下さい」「助けて下さい」と子供が言えなかった時、敢えて厳しく叱ります。

逆にそれが言えた時は、「偉かったね。勇気を出して分かりませんと言えたね」と、精一杯ほめてやります。そして出来る限り分かりやすく、そしてあたたかく教えてやります。

もう自分の力ではどうしようもなくなった時、子供が「助けて下さい」と言うのは、私は勇気だと思います。

周囲の大人は、力の及ぶ限り、助けてやろうではありませんか。

子供が絶望し、命を落とす前に。











  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(0)