2018年10月10日 00:39  カテゴリ:子育てカテゴリ:勉強カテゴリ:

不登校とご飯



開業して4年。未だに押しも押されもする我が塾であります。

その間に一般の生徒に混じり、来てくれた不登校の子達は現時点で26名。

うち18名は復学し、高等学校へ進学し卒塾。高校入学後も大学進学を目指し在塾中は2名。登校再開に備えて在塾中は4名。病状の悪化により入院し退塾した者1名。児童相談所に保護された者1名であります。

ちなみにうちの入塾一号生は不登校の子でした。

「たとえこいつ一人の為にでも俺はやる」といきり立って塾を始めたのが昨日の事のように思い出されます。

私は不登校の子を受け入れるにあたり、彼ら彼女らと一つ約束を交わします。

「俺は学校へ行けとは絶対に命令しない」

という事であります。

そしてその子らが学校へ行けない理由、行けなくなった理由を探ります。

もちろん本人に負担をかけないよう慎重に。

ある時は小児精神科に赴き、またある時は学校と直接やりあったり。夜中に家出した子を、ご両親と共に探しまくったり。

勉強も、今できる事をできるようにやるという事をモットーに、決して無理はさせません。

しかし、たった一つだけ私が彼らに対して厳しく諭している事があります。

「飯は三食きちんと食え」

という事であります。

好き嫌いが有ってもいいから、食えるものをきちんと食えという事であります。

飯をほぼ決まった時間に食べるようにしていれば、昼夜逆転を防ぐ事ができます。体も養えます。気力も養えます。

また、親が作ってくれたあったかいご飯は、体のみならず心の栄養になります。

苦しんでおられる不登校当事者と周辺当事者の方には大変失礼な言い方になりますが、

人間として最も重要な事を後回しにしてしまっては復学も何も有ったものではありません。

学校をどうするかは後回しでいい。

まず飯をしっかり食おう。

しかし、それをさておいて「この子を1日でも早く復学させてください」という親御さんに出会うと、心底やれやれと思います。

そうしたご家庭では、必ず食事時にもめるようです。

せっかくの美味しいご飯を目の間にして、「学校はどうするんだ」「将来はどうする気だ」とまくしたてられては、食欲の起きるはずもありません。

かくして孤食が始まり、生活のリズムが乱れ、復学は困難さを増していきます。

世のお父さんお母さん、

何があろうが、せめて飯だけは明るく楽しく、一緒に食べましょう。

案外そうした事が、事態を改善させていくものです。








  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(5)