2018年05月10日 12:44  カテゴリ:不登校カテゴリ:

講師冥利につきる瞬間



〜あー、先生やってて良かったな〜

二年生の後半から、頑張って私たちの塾に通ってくれている子がいます。

その子は不登校でした。

不登校というと、とかく「学校にも行かずに楽をしている」とみられがちです。

しかしながらそれは多くの場合誤解です。むしろ深い悩みや苦しみと戦いながら日々を過ごしています。

その子も、そうした偏見を受ける一人でした。

悩んで悩んで、苦しんで苦しんで私たちの塾の門を叩きに来てくれました。

不登校の悩みは、大きい事は分かるもののその形は様々です。どうしたらその子の背負っている大き過ぎる荷物を降ろさせてやれるのか。何をしてやれば、どんな言葉をかけてやれば苦しみから逃れさせてやれるのか。そして再び立ち上がってくれるのか。重い責任を帯びた試行錯誤の始まりです。

たくさんの引き出しの中から、その子に合いそうなやり方を引っ張り出し、本当にそれがその子のためになるのか自問自答しながら、苦しみ抜きながらの指導になります。

いろんな悩みを打ち明けてもくれ、その度に必死に答え、私のもとでがんばり、時には私に頑張らされながら、ここまで来ました。

三年生になった今、その子は再び登校を始め、今日学校であった英語の小テストの答案を、嬉しそうにもって来てくれました。

満点でした。

こういう瞬間に出くわすたび、講師をやってきて良かった、この道を選んで良かったと心底思わされます。

生徒の頑張りが一番大きいのは言うまでもありませんが、自分の懸命の努力も間違っていなかったと知る事は、人生の中で他には味わう事は中々できない喜びです。

良く頑張ったと褒めたい気持ちと同時に、お礼を言わせてもらいたい気持ちが湧き上がって来て止まりません。

頑張ってくれてありがとう。

君に心から感謝する。

  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(0)