2018年12月14日 19:18  カテゴリ:子育てカテゴリ:

私ばかり不幸になるという人の共通点



本日のブログは教育論から離れます。

書こうか書くまいか随分迷ったテーマです。

というのは、大方の人にはご納得いただけると思うのですが、ある一定の方には辛辣な悪口として捉えられかねない話しだからです。

ですが悪口に聞こえてしまう人ほど、一度フラットな心で、ブログの内容をよくお考えいただければと思い、やはりアップさせていただく事にしました。

なお事例は、少しでも教育論を期待してお読みくださる方のために、親と子の問題をメインにさせていただきます。



私も50歳を少々過ぎまして、いろんな人達を見てきました。また職業柄お母様方、時にはお父様からの相談をよくお受けします。最初は子供の教育相談なのですが、いつのまにか人生相談に変わっており、なにげに離婚の危機を救ってしまったなんて事もあります。

しかしながら時に「私ばかり不幸になる」と嘆いてばかりで、一向に事態が改善されていかない方に、時々出会う事があります。

そうした方々に共通する三つの点について、書いてみたいと思います。

特徴1
考える事を放棄している



悩む事、迷う事は「考える事」ではありません。「考える事」というのは困難をどう解決するか、出来る限り具体的な作戦を立てる事です。

いろんな人達からアドバイスを集めるだけ集めるのに、何も行動しない人がいます。

例えば、よく相談される事例に「子供が口をきいてくれない」「子供が何を考えているのか全然わからない」というのがあります。

こうした親子の断絶が生じている場合、「腹減ってないか?」「寒くないか」「それは悲しいねえ」など、情緒的会話を持ちかけ続けるしかありません。

多くの人はそれを実行するわけですが、時々「でも」「だって」という方がいます。

そして続く言葉はたいてい決まっていて「やるのが大変だから」そして結論は「できないです」となります。

アドバイスの内容を自分なりによく吟味する事は大切ですが、実際に行動しなければ何もなりません。事態は変わりません。

アドバイスをどうやって、自分が直面している問題に対し活かしていくか、アレンジしたり工夫するのが、考える事です。

しかしながら見事に「大変そうだ」だから「できない」と直結させてしまう人がいます。

それでいて出来ない事に対する言い訳は実に良く考えます。

これでは事態の改善されるはずはありません。

かくして不幸の中にとどまる事になります。

特徴2
何故か特別な幸せを求めている




恋人として容姿のとりわけ優れた人を求める。配偶者に現実的でない年収を求めるなど、人よりも抜きん出た幸せを追い求めてしまう人がいます。

人並みに満足する事は決してありません。

しかし、立ち止まって考えれば、自分の事を思ってくれるパートナーがいる事は、それだけでも充分に幸せな事です。

愛する子供が元気で生きている。

それだけでも恵まれたことではありませんか。

冷静に周囲を見回してみれば、幸せと共に在る人がほとんどです。

もちろん、貧困や孤独に耐えて生きていらっしゃる方も多くおみえになります。

しかしながら私の知人に、ステージ4の癌を患いながらも必死に生き、明るい笑顔で人生を送っている方もいます。

癌になった事で、逆に生きている事、何気ない日々の暮らしや出来事に感謝の気持ちを持つ事が出来るようになったそうです。

「今」「そこに在るもの」に感謝し、それらの中に幸せを見出していく事は大切な事だと思います。

特徴3
とにかく他罰的である




日頃は「どうせ私なんか」「私はダメな人間だから」と言いながら、一朝事が起こると、途端に人や運命などのせいにする人がいます。

自分の人生を自分で背負う覚悟の無い人です。

他人や運命やらが自分を幸せにしてくれるわけではありません。

自分で考え、自分で決断し、自分で責任を負う事でしか、人生は開けては来ません。

最後にこの言葉でブログを結びたいとおもいますが、

自分を幸せに出来ない人は、人を幸せにする事は出来ません。

今愛するパートナーがいる人も、これから先に出会う人も、そして愛する我が子がいる人も、これからその手に抱く人も、この事は良く覚えておいて下さい。

「誰か」も「何か」もあなたを幸せにはしてくれません。

自分の力で、自分の人生を歩みましょう。

そこに幸せはあります。








  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(0)

2018年12月11日 23:16  カテゴリ:子育てカテゴリ:

どうしても許せん、とにかく許せん



さて、久々に熱血バカ一代の血がたぎる出来事がありまして、寄稿させていただきます。

私はまた怒っております。

したがいまして文中には不快な表現を多分に含みますので、いつもの通り、最初に文字だけ大にして謝っておきます。

申し訳ございません

ところで何があったかと言いますと、

「先生、中学校の保護者会で、うちの子、志望校を受けられないって言われてしまったんです」

と、お母さんからの悲痛な相談を受けました。

お母さんは当然、受験のプロであるはずはなく、受験ノウハウなどありません。

それをいい事に学校は母親に対して嘘を吐くな

可愛そうで聞いちゃいられない。

過去に何度もありました。

学校が「うちの中学校からは、その学校は受けられません」と言うので、本当か確かめるために、私が受験先の学校に直接電話で聞いてみたら

「受験を歓迎しますから、どうぞ受けてください」

との返事。

なので「中学校が何を言おうが受けられますので受験しましょう」と、私が中学校に出向いて談判して受験を実現させ、

当然ながら結果は合格。

こんな事ばっかりだ

子供の人生を一体何だと思っているのか。

親の気持ちを打ちのめす事に罪悪感は無いのか。

受験は一生を左右します。

受けたい高校があるなら、子供達、遠慮無く受ければいい。

ただしその代わり少しの努力も惜しむな。死ぬほど勉強しろ。そうすれば心配するな

「お前は俺が受からせる」

実に久しぶりにこのセリフを言った。

これで不合格なら俺共々笑い者だが、学校にぎゃふんと言わせてやろうぜ、

一緒に立ち向かおうな










  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(0)

2018年12月08日 01:43  カテゴリ:子育てカテゴリ:

自傷行為について考える



※閲覧注意
本日のブログには文章中に「血」「切る」などの単語が含まれます。表現には充分に注意しておりますが、苦手な方は閲覧をお控えください。

さて、思春期の子供と相対しておりますと、避けて通れない問題に「自傷行為」があります。

手首を切る。血が出るまで自分の顔や頭を殴り続ける。高所から飛び降りる。また薬を規定量をはるかに超えて服薬するODも、自傷行為に含まれるでしょう。

いずれも痛ましいものです。

これらをたちまちに解決する手法は、医学でもまだ確立されておらず、私にもそうした方法は分かりません。

なので「考える」事しか出来ません。



過去に教え子の手首に、いく筋もの切り傷の跡を見つけ、なんとかしてやりたくて「俺が相談にのるから」と手を差し伸べた事がありましたが、その子は黙って塾を辞めて行きました。

私の痛恨の失敗です。

手を差し伸べる事さえ出来ない。それほど対処の難しい問題です。

またもしかして今お読みの方の中にも、自傷行為をなさっている方がおみえになるかもしれません。

そうした方々には「お前が気安く語るな」と叱られるかもしれませんね。

しかしながら自傷行為が子供の、あるいは成人なさっている方においても命を脅かす問題である以上、私は断固としてその解決のために道を探ります。



私の知っている中で過去最悪の自傷行為への対応例を挙げます。

思春期の女の子が手首を切り、病院へ搬送されました。その時に母親が言った言葉が

「こんな事ご近所に知れたらどうするの。恥ずかしいからやめなさい」という叱責でした。

女の子はその後、長い間自傷行為にはしり続けました。

自傷行為を叱るのは下策の中の下策です。

複雑に絡み合った堪え難い苦しみの中で自傷行為に及んでいるのに、その本人を叱りつけてなおも苦しめるのであれば、自傷行為の止まるはずはありません。

当然エスカレートします。

また「お前が大切だ」というどころか、「ご近所」という他者の前で自分が恥をかかないためにという、極めて自分本位な態度は、子供を深く深く傷つけます。

こうした時、「とにかくお前の命が助かって良かった」と泣いて子を抱きしめる親と、叱責する親とでは、子供が自傷行為から立ち直る期間は著しく違います。

前者は愛情が伝わっていなかっただけ。後者は愛情が無かったという事を物語っています。



この事から考えると、自傷行為を叱る事は、むしろ自傷行為を悪化させる事に他ならず、敢えて触れずにいてやる事の方が良いように思われます。

それよりは、

「お前は俺の愛する存在なんだ」というメッセージをさりげなく伝え続け、手を差し伸べるのではなく常に見守り、「助けて」の一言が出るまで辛抱強く待ち続ける。

そういうスタンスを取っていてやる方が、どれほど子供の心を救えるのか分かりません。

明確な答えの出ない複雑かつ困難極まりない問題ですが、今までも有ったという事はこれからも起こるという事であり、私は逃げずに向き合っていきます。

自傷行為に遭遇した時は、「そんな事はやめろ」と威圧するのではなく、叱りつけて苦しみの上に苦しみを重ねるのではなく、黙って寄り添ってやれる大人で居たいと思います。

そして自傷行為に駆り立てている原因を正しく見つけ、解体して行く手伝いをする大人でありたいと思います。

残念ながら解答の出せない問題であり、具体的な対策は書けないままブログを結ぶ事になりますが、少しでも何かの機会に参考になれば幸いです。



最後に私が勝手に言っている事を一言。

「人間が幸せになるのは権利じゃあない。義務だ」
















  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(4)

2018年12月04日 01:10  カテゴリ:子育てカテゴリ:

親が子の視野を狭めれば不幸しか招かない



さて今日は、っていつのまにか日付が変わってしまいましたが、オカパーで食べた櫻園さんのシフォンの味が忘れられず、買い求めに行ってまいりました。



これを嫁にプレゼントすれば家庭内待遇改善に間違い無しという、あざとい計算も有ったのですが、「私があげたお小遣いで買って来るんだから、私の損得無しじゃん」と言われ、作戦はご破算でありましたが、一口食べたら「何これ? すごい美味しい」とご満悦の様子で、やっぱり買って良かったと思いました。

と、タイトルとは関係しないゆるい始まりから一転、本題!

学校行かないとお先真っ暗

勉強しないとろくな人間になれない

みんなと仲良く出来る人間にならないとダメ

よく聞く正論であります。

正論というくらいで、これらは正しい諭しの言葉であります。

しかし待って下さい。

好き嫌いしないで何でも食べなければならない

という正論に任せて、食物アレルギーの子にアレルゲンとなる食べ物を無理強いしたらどうなります?

言うまでも無く、命を落とす事にもなりかねません。

そうです。

正論が命を奪う事もあり、子の将来を暗く閉ざす事もあるのです。



学校は自分が幸せになる為に行くもの。学問は幸せな人生を切り拓く為に必要なものです。

それの為に人生そのものを損なわせては、本末転倒もはなはだしい限りです。

なので子供がどうしても学校に行けない、勉強ができない事を責め立てる時に、先に挙げた正論を用いるべきではありません。

親は人生の先輩、子の師匠です。

どっしり落ち着いて、数年程度なら学校へ行かなくても人生に大した影響はない事を教えてやりましょう。

人間アレルギー、勉強アレルギーの子もいます。

正論で彼ら彼女らを追い込んでも良い事は全くありません。

それよりは、学校を上手に使って自分の目標とする人生を実現させる作戦を、子とともに立ててやりましょう。

例えば、ピアノの得意な子が居るとします。

大抵の場合、ピアノなんて上手くても、学問じゃないし、と卑屈になっています。

ところがどっこい、

芸術大学音楽部ピアノ科が存在するではありませんか。

最高学府に有る以上、ピアノを弾く事は立派な学問であり、ピアノの練習は勉強に他なりません。

親が「ピアノなんか弾けたって」と、子の視野を狭めてしまう事は間違ってもしてはいけません。

むしろするべきは、

「ピアノ上手だね」「頑張ってるね」と言ってやる事の方が、どれほど子の将来を明るくできるか分かりません。

不登校に陥っても、「大好きなピアノを学ぶ為に大学に行ってみないか? その為に通信制や定時制の高校で、少しだけ頑張ってみないか?」と、明るい選択肢を提示してやる事が、どれほど子を救うか分かりません。

少なくとも、

やらなければダメになる、ではなく、やるとこんないい事があるよ、という言い方にしましょう。

親が子の将来を悲観的に言うのではなく、子の視野を明るい方向へ広げてやりましょう。

学校へ無理やり行って不幸になっては元も子もありません。

そんな学校、あるいは勉強には何の意味もありません。

親は良く情報を集め、子の為に、明るい選択肢を提示して、子の視野を広げてやりましょう。




それにしても、

もう古い話になりますが、

「先生が学校にいけるようにしてくれたお礼です」と言って生徒が弾いてくれた、ドビュッシーの「月の光」、

今思い出しても本当に泣けます。









  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(2)

2018年11月30日 21:16  カテゴリ:子育てカテゴリ:

生きる事が楽しくなければ勉強なんぞやるはずが無い



さて、ふざけたブログばかり書いていないで久しぶりに教育論を打ち上げます。

従いまして今日のブログは暗く長く固いです。

お覚悟を!

今回取り上げるのは、ゲームやらその他の遊興にふけってばかりいる子の心の中です。

いつものように回りくどく書かず結論をまず先に述べておきます。

生きている事に意味や幸せを感じる事の出来ない子は、ゲーム三昧、遊興三昧の人間になります。

高じてくれば非行や望ましくない性交渉に走ってしまう場合も有ります。



生きることが楽しく幸せなら、そこに希望を見出せるなら、時期の早い遅いは有れ、子供は必ず努力を開始します。

その上で努力しなければ幸せが守れない事を知れば、否が応でも子供は、苦しみにも果敢に立ち向かっていけるようになります。



ですが困難を頑張って乗り越えても、再び不幸で無意味な人生に戻るだけなら、努力しようなどという気がそもそも起きるはずがありません。

かくして無意味な人生に少しでも意味を与えようと足掻いて、遊興にふけるようになります。

ではどうして希望を見失う子が出来てしまうのでしょうか?

私が見てきた限りでは以下の二つが大きな原因です。



見えないハンデがある

発達障がい、知的障がいも程度が重ければそれは誰の目にも見える障がいになります。

しかしながら軽度であればそれがハンデである事が周囲に認知されません。親御さんによっては、敢えてそこから目をそらす場合もあるほどです。

これが見えないハンデです。

こうした子には、その子に合った量と難易度の課題を与え、あたたかく指導し、成功体験を繰り返し繰り返し味あわせなければなりません。

「出来ない事」を責め続けられれば、必ず子供は生きる希望を失います。

これは必ずです。

逆に見えないハンデがあっても、成功体験を積み重ね、難関大学進学を果たす子もいます。

嘘だと思われるかもしれませんが、私が実際にこの手で何人も育て上げています。

出来ない事を責めるのか、少し頑張れば超えられる課題を提示して乗り越える事を繰り返すか、どちらの指導方針が良いかは言うまでも無いでしょう。



家族と仲が悪い。もしくは家族の仲が悪い

親子ゲンカの仲裁に入る事がよくあります。

反抗とは全く違い、親と子が互いに憎しみあう言葉をぶつけあって、私にどちらが正しいのかとジャッジを求めて来ます。

しかし私はどちらが正しいのか間違っているのか、絶対に判定はしません。

判定を下したところで、必ず両方が不幸になるからです。

だって親子じゃないですか、勝ち負けをつけてどうしますか

以前にも書いた事ですが、親子の愛情に論理性など要りません。

愛情の前には、凡百の育児情報やら教育方針などゴミ屑のようなものです。

「子供が可愛い」「子供が大事」

この気持ちは子育てと教育における過ちなど簡単に挽回させてくれます。

甘やかしの害は簡単に治せます。

しかし愛情の飢餓は、終生取り返しのつかない傷を親子の間にもたらします。

子供に勉強させたければ、究極的には、子供への愛情をもう一度取り戻す事に尽きます。

子供が本当に親への愛情を取り戻せば、たとえ人よりは遅くなるかもしれません、しかし必ず努力を開始します。

やっぱり生まれて来て良かったという気持ちを取り戻せば、いつかは必ず勉強を再開する日が来ます。

しつけや世の中の道理など、一ヶ月も有れば教えこめます。

その前に、「生まれて来て良かった」、その事を子供に充分味あわせてやりましょう。

どうにもならない子をどうにかするには、それしか有りません。

















  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(0)

2018年11月27日 20:09  カテゴリ:子育てカテゴリ:

皆さんちょっとつきあって。不登校だったC男君が、



皆さん!

ちょっとつきあって下さい!

貴重な時間をとらせて申し訳無いのですが!

さて、大学の推薦入試の集中日と、市内高校中学の期末が重なって忙しくてブログも開けず死ぬかと思っておりましたが、

吉報が舞い込んで蘇りました

以前にご紹介した、もと不登校のC男君、



中学の頃からずーっと二人三脚で頑張って来ましたが、高校合格に伴い不登校からも抜け出し、ついに推薦状ももらえるほどに学校で頑張り

そしてこのほど、



大学に合格

あー、こういう時ほど先生になって良かったと思う瞬間は無い。

しかし落ち着いて考えると

C男君、もうじきお別れだね。

いろんなピンチを一緒になって乗り越えて来たが、俺が助けてやれるのは、もうどうやらここまでだね。

今度は大学で、社会で、良い師匠を見つけて、どうか幸せな人生を歩んで行っておくれ。

長いこと共に過ごして来た君との別れが悲しいが、まあ君の人生が明るい方向に進んで行くんだから、必要にして喜んでやるべき別れだね。

さて、お読み下さった皆さん、

本当にありがとうございました

吐き出せたので、少し心が楽になりました。

















  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(2)

2018年11月19日 23:44  カテゴリ:子育てカテゴリ:

せっかく生まれてきたんだから



今日は本当に愚痴です。

やり場が無いのでここで吐き出します。最初に謝っておきます。

ほんとにどうもすみません

「先生の教え方が難しくて分かりません!」

これは大歓迎です。真剣に分かろうとしているからこそ出る言葉だからです。

「もう勉強したくありません!」

歓迎はしませんが、力になりたいと思います。真剣に勉強した結果、よほど辛い思いをしたのでしょう。もう一度勉強に立ち向かえるように支えます。

「学校なんかもう行きません!」

これも真剣に学校生活と向き合おうとした結果から出る言葉です。あたたかく見守り、学ぶ事の大切さ、そして楽しさを精一杯伝えていこうと思います。

「先生なんかきらいだ!」

これも私という人間と真剣に向き合ってくれた結果出る言葉です。私に自己反省を促してくれるとともに、お互いにどうすれば分かりあえるのかを目指させてくれる言葉です。ありがたいとさえ思えます。

私の絶対の信条は、

真剣にやった結果、分からなくても、出来なくても、失敗しても、絶対に怒ったり叱ったりしない
という事です。

頑張った生徒、真剣にやった生徒を叱った事は一度も無いと自信を持って言い切れます。



ですが、生きる事そのものに真剣さの感じられない生徒がいます。

生きる事そのものがつらくて、その反動で敢えてふしだらに生きているのとも違います。それならば私は全力で支えていきます。

しかし何故なのか、全てを適当に済ませる生徒と出会う事があります。

もったいないよ。

君の青春って、もう帰っては来ないんだよ。

若い時のがむしゃらに頑張った経験って、人生を支えていくかけがえのない財産なんだよ。

どうやったら、君にそれが伝わるだろうか。















  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(0)

2018年11月18日 16:59  カテゴリ:子育てカテゴリ:

この上ない楽しみ



塾生と二人三脚で「目指せ難関大学!」というのも、本気で燃える事が出来て大好きです。



しかしながら不登校の子を、勉強を教えると言うより癒すように、穏やかに丁寧に、そしてゆっくりと学習指導していくのも本当に良いものです。



「先生に会うのが楽しみで」

なんて言われた日には、この仕事やってて本当によかったなあと思わされます。

この上ない楽しみです。












  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(0)

2018年11月16日 19:40  カテゴリ:子育てカテゴリ:

お母さん頑張れ負けるなお母さん



「*+゚。゚*+*.ゆるふわ子育てDiary+*・.゚*・.*゚」さんのブログに感銘を受けまして、今日は勝手に世のお母さんを応援するブログ書きます!

なお様々な理由で、お父さんがお母さんの役割も兼ねていらっしゃるご家庭では、ここでの「お母さん」は「お父さん」とお読み替えください。

また、「*+゚。゚*+*.ゆるふわ子育てDiary+*・.゚*・.*゚」さんのブログにつきましては、リンクの貼り方が分かりませんので、ご自分で検索お願い致します。

上位ブロガーさんですので、ランキングから探すと見つけやすいと思います。

さて、応援する「お母さん」の中でもとりわけ「受験生のお母さん」に焦点を当てます。

間も無く岡崎市内の中学校、高等学校は期末試験に入ります。

そしてその後は三者面談!



実質的にここでお子さんの志望校がほぼ決まりますので、本人はもちろん、お母さんにかかってくるプレッシャーも、物凄いものがあるでしょう。

こうした時に受験生本人より先にお母さんが受験から逃げ出してしまう事が時にありますが、それだけはなさらないようお願い申し上げます。

楽な受験はこの世に有りません。例外無く、長く辛く厳しいものです。

本来は受験生自身の戦いで有りますが、親御さんにしてみれば、頑張っている我が子の夢が叶って欲しい、そして報われて欲しいと切に願うのは至極当然の事で、親子共々の戦いになります。

そんな時、我が子の悩み苦しむ姿を見る事は、お母さんにとって耐え難い苦しみでしょう。



とりわけ頑張っているのに成績が上がらない場合には、そうした思いもひとしおでしょう。

ですが、むやみに励ましたり、もっと真剣にやれなどと説教を食らわすのは控えてましょう、と言うよりやめましょう。

(もちろん全然努力しているフシが無ければ違いますが。)

お母さんでなければ出来無い励ましを子に与えてやりましょう。

それは、黙って暖かい夜食を出してやる事です。

情報やアドバイスは学校なり塾の講師がいくらでも提供できます。

ですが子が困難に挑む時、本当に支えになれるのは、「お前の事を見守っているよ」「お前の事を本当に信じてるよ」という非言語的愛情です。

この事が本当に子供に伝われば、どんなに苦しくとも子は逃げません。そして折れません。

頑張っている我が子にどんな夜食を出してやるか。

その工夫を凝らす事が、幾百の受験情報を子にアドバイスする事に勝ります。

百のアドバイスは一杯のレモンラーメンに及ばないのであります。

愛する我が子を信じ、共に戦ってやってください、

お母さん!

きっとできます!

あなたならできます!











  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(2)

2018年11月14日 23:21  カテゴリ:子育てカテゴリ:

塾長の昼ごはん♪



ランチのブログはたくさん読んでもらえていいなあ〜と憧れ、

「よし! 俺もランチブログ書いてみよう!」と思うものの、

いつも昼飯がこれじゃあなぁー



書けんよなー、

って、投稿しちゃったし、どうしよう

読んでしまったみなさん、

心よりお詫び申し上げます

お詫び画像も、怒られたので今日は無しです。

また頑張ってブログ書きます。はい、

追記

レモンラーメンと言うのが食べてみたい

追記2

腹へったなぁー。あ! そういやあ晩ご飯まだ食べてない、

だめだこりゃ、、、










  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(2)