ブーログ › 仲川学院 塾長による教育論ブログ(岡崎市伊賀新町の学習塾/不登校・発達障害にも対応)

2018年09月23日 00:18  カテゴリ:子育てカテゴリ:勉強カテゴリ:

学校の目的



「人間であるからには、すべての人が人間らしく生きてゆけなくては嘘だ。そういう世の中でなくては嘘だ。(中略)
だが、今のところ、どんなに僕たちが残念に思っても、世の中はまだそうなってはいない。人類は、進歩したといっても、まだ、そこまでは行きついてはいないのだ。(中略)
そもそも、この世の中に貧困というものがあるために、どれほど痛ましい出来事が生まれてきているか。どんなに多くの人々が不幸に沈んでいるか。また、どんなに根深い争いが人間同士の間に生じてきているか。」

原作 吉野源三郎
漫画 芳賀翔一
2017年8月24日(株)マガジンハウス発行
『漫画 君たちはどう生きるか』
より抜粋



ここ十年来、入試過去問ばかり読むのに追われ自分の為の読書がさっぱり出来ませんでした。

昨年、この本が一大ブームとなって書店の棚を飾っていたので、読みたくて読みたくて仕方なかったのですが、ようやく今日読む事が出来ました。

本論からは外れるものの。痛く心に残ったのが、冒頭に抜粋させていただいた文章です。

この本の舞台は1937年の東京です。

81年が過ぎた現在、技術は格段に進化し、文化は洗練され、経済規模も飛躍的に拡大しました。

しかし冒頭に抜粋した、人の生き方は、なんら変わったでしょうか?

大平洋戦争に敗北し、その後の高度成長期、昭和終焉期の狂乱景気を経て、そしてそれらは脆くも崩れ去って、同じところに帰って来てやしないでしょうか。

というより、真に解決せねばならない問題は当時から手付かずのままに放置されて来てしまったのではないでしょうか。

昭和初期の人々からすれば、我々は想像だにし得ない世界を今生きています。

しかしながら冒頭にあげた問題は、そこだけ見れば余す所なく現在にそのままあてはまってしまいます。

つまりこれは、どんなに生活の様式が変わろうと、仮想現実の世界を電子機器の発達が生み出すまでになっても、我々は全く何の進歩もしていなかった事に他なりません。

私も含め、近代から現代に至るまでの人間は、自分自身をどうするのか、どう修めるのかを極めておろそかにしてきてしまったようです。

教育者として汗顔の至りであります。

自分を修める、貧困から抜け出すために最も有効な手段は「学ぶ事」に尽きます。

学校の本来の目的もそこにあるはずです。

これは塾生に常々言っている事ですが、これからの日本は、まだ世界のどこの国も経験したことのない未曾有の危機に突入していきます。日本がそれをどう乗り越えるのか、世界中が注目しています。

日本が危機を乗り越える事が出来れば、それはそのまま同じ危機を迎えようとしている、現在のところ「主要国」と呼ばれている国々を救う貴重なリーディングケースになります。

そしてそれを担うのは、今私が教えている子供達の世代です。

だから子供達、多少は面白くなくても、気に入らない事が有っても、とにかく学校で学ぶ事を大切にし、自分で考える力を養い、そしてもしも自分が頭が悪いと感じているなら、その代わりに詰め込めるだけの知識を頭の中に詰め込んで、その総量で勝負のできる人間になって下さい。

そうでなければ、極めて苦しみの多い人生を送る事になります。日本の存続も危うくなります。

そうならないために、学校というものをうまく活かして下さい。

学校はそのためにあります。

『君たちはどう生きるか』そして「学校をどう活かすか」

しっかり考えて下さい。









  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(0)

2018年09月19日 23:35  カテゴリ:子育てカテゴリ:勉強カテゴリ:

俺が間違っていた



ネットの口コミはアテにならん! とは私の勝手な持論であります。

というわけでネット戦略も広告も全然やって来ませんでしたが、

俺が間違っていた

うちの塾を自分で検索してみたらどうなるか、さっきやってみたら、以下の口コミを発見!



読んでみたらこんな文言が

「先生はビジネスがヘタ」

何て的を得た口コミだ!

その通りじゃないか!

うちの集客は生徒とそのご父兄の直接紹介だけでほぼ100%!

まさに昭和ビジネス!

うーむ、ネット口コミ、真実を突いてるじゃないか。

近隣の個人塾がバッタバッタと消えて行く中、生き残ってるからまあいいじゃないかと言ってはいられない。

このままでは嫁に怒られてしまう。小遣い没収の憂き目にも会いかねない。

さあ!今からネット戦略に精を出さねばって、

えーと、

どうすりゃいいんだ!?

とりあえずブログ書いてみました。

読んでしまったみなさん、

申し訳ありませんでした
  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(0)

2018年09月17日 18:16  カテゴリ:子育てカテゴリ:勉強カテゴリ:

最短最速最速攻




今期合格第一号が出ました。



何年も通ってくれた最後の恩返しに、塾生の合格はとにかく、何が何でも最短最速最速攻で決めさせてやりたい。

何とか約束を果たせてひと安心です。

しかしまだまだこの後に何人もの受験生が控えています。

意地でも志望校に合格させてやりたい。

いや、合格させる。

頑張ります。

追記
写真の上の方のひこにゃん剣は、柄を握ると「ぷー!」と鳴りますので、居眠りしかけた塾生を起こすのに使います。

顔の前にもっていって「ぷー!」と鳴らしますと、びっくりして大抵一発で起きます。効果絶大です。

ある意味これのおかげで合格したと言えなくは無いので、一緒に写してみました。

それだけです。

気になった方、

どうもすみません。





















  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(0)

2018年09月06日 02:06  カテゴリ:子育てカテゴリ:勉強カテゴリ:

ふざけるな



9月になりましたら余裕ができて、またブログが書けるなあと思っていたのですが、有難い事に(?)そうはならず、多事多難な日々を送っており、本題のブログがなかなか書けません。

楽しみにしてくださっている、ごく僅かな皆さん、申し訳ありません。

気づけば今日も夜中の1時を随時過ぎてしまいました。

しかしながら猛烈に腹が立って眠れやしませんので寄稿させていただきます。

したがいまして私は怒っておりますので、文中にはかなり不快な表現を含みます。

最初に文字だけ大にしてお詫びしておきます。

申し訳ございません

いや、すでにタイトルからして酷いですね。申し訳ない限りです。

さて、何を怒っておりますかというと。



とある障害を持つ子の自傷行為があまりにひどく、私自身も心を痛めておりましたが、謎が解けました。

その子を迎えに行ったところ、親御さんがその子に正論で説教していました。

実に立派な、誰が聞いても正しい事を言っておられます。



また、その子の関係者会議の座長さんも、100人が聞けば100人が賛同するであろう立派な方針を打ち立てておられます。

「どんな苦しい事も最後までやり遂げられる子に」と。

ですが101人目の極めてヘソの曲がった三文馬鹿の私だけはこうです。

「ふざけるな。いい加減にしろ」

人間、確かに何度かは死にものぐるいで何かを乗り越えなければなりません。

しかし毎日毎日死にものぐるいの努力を押し付けられて、それを十数年も絶え間無く続けて来た人間など居ません。

少なくとも会議に集まった人間達の中には一人もいませんでしたし、もちろん私にも無理です。

自分たちにも出来ない事をなぜ「障害があるから」という理由だけでその子に押し付けねばならないのでしょうか。

ここまで追い詰めれば自傷に走るのも当たり前ですし、自傷で済んでいるうちはまだしも、どこかかから飛び降りるという発想がその子に芽生えてしまった時は全ての終わる時です。

母親も座長さんも立派な方です。社会的にはこれ以上無いご立派な方々です。

ですが子供を駄目にしてしまう親と根本的な部分で共通してしまっています。

「生きる事は楽しい、生まれてきて良かった」という生きる上で最も大切な土台を子供に与えていないという点で。

これが無ければ、しつけも社会規範も勉強も全て何の意味もありません。土台の無いところに立派な建物を建てようとしても無理なように。

私は、親の、とりわけ母親の愛情には論理性は要らんと思っております。

世の中には様々な理由で父親と母親を兼ねなければならない方々が決して少なくは無い事を承知で言いますが、

それにしても子供を問答無用で愛する事の方が先です。

しつけや社会規範はその後で教えれば充分です。

我が子が勉強しない、努力しないと嘆く前に、ご自分が我が子に充分な愛を与えたか、生きる土台を作ってやったのか、今一度振り返ってみましょう。

繰り返しますが、生きる土台とは「生きている事は楽しい」という感覚です。

そして自分の痛みや苦しみを、親が分かってくれているという安心感です。




これが得られた子は、困難に立ち向かっていける人間になります。

逆に無ければ、人生の前半を大変に苦戦しながら生きねばならなくなります。

勉強どころではなくなってしまいます。

励ますという事は「頑張れ」と言うことではなく、苦しみを理解してやる事だからです。










  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(0)

2018年08月31日 08:20  カテゴリ:子育てカテゴリ:勉強カテゴリ:

死ぬんじゃない、子供たち



さて皆様、大変ご無沙汰致しました。9月のブログ再開に先立ちまして、重要なメッセージを配信させていただきます。


NHK本日朝6時45分放送のニュースより。
以下同じ

毎年の事ですが我々教育関係者が神経を尖らせる日が近づいてまいりました。

例年は9月1日ですが、今年は9月3日にずれます。

そうです、夏休み明け、最初の登校日です。

この日は年間を通じて子供の自殺が最も多発する日であります。



無理矢理な登校を促され、その途上で命を絶ってしまうパターンがあとを絶ちません。

親御さんの方にも様々な事情がある事でしょう。

子供が学校に行けないと、ご自分が仕事に行けなかったり。

また、不登校そのものも親御さんにとってはそれだけで辛いものです。

しかしそれは承知で敢えて言わせていただきます。

子供の幸せも、ご自分の幸せも、死んでしまえば全てそこで終わりです。

命があれば学校はいつでもやり直せます。

子供の命より登校を優先させる事はやめようではありませんか。

どうしても困ったら、以下にご相談なさってみてください。



また、及ばずながら、私達の塾も相談を受け付けさせていただきます。

070 5405 9249までお電話ください。




  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(0)

2018年08月09日 19:37  

多忙でそれどころじゃないさなかに独り言を言ってみる



激務でそれどころじゃないさなかに、独り言を言ってみる

それなら東京医科大学は「東京男子医科大学」と名乗って男子校にしていれば良かったんじゃないのか
(^-^)

どうもすいませんでした。

9月になりましたら、また気合い入れてブログ書きますから、、、
  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(1)

2018年06月23日 23:18  カテゴリ:子育てカテゴリ:勉強カテゴリ:

「頑張って」禁句運動



みなさん、お久しぶりです。

どうにも忙しくてブログの更新が出来ませんでした。

え? 「誰もお前のブログを待ってない」ですって?

まあそう言わずにお付き合いを。

さて、本題ですが。

本日、橋本病という病気の方とお話しする機会がありました。

大変な難病であります。

その方がお見舞いに来られた方に言われて一番辛かったのが「頑張って」という言葉だったそうです。

言う方は当然悪気はありません。励ましの気持ちから言っています。

ですがベッドの上で必死に戦っている本人からすると、「こんなに頑張っているのに分かってもらえないの!?」「私の頑張りはまだ足らないの!?」と絶望的な気持ちになったそうです。

こうした事は、振り返ってみれば結構私の周りでも起きています。

不登校までは至っていないものの、辛さに耐えてギリギリの登校を続けている子たちがいます。

当然欠席や遅刻も増えます。

しかしながらそれは彼ら、彼女らからすれば必死の頑張りです。

とにかく学校に行かなければと懸命に戦っている姿です。

そこへもってきて「頑張れ」などと言ってしまうと、その子らは力尽きてしまう事があります。

「こんなに頑張ってるのに、分かってはもらえないんだ」と。

また不登校もそれはそれで大変な戦いであります。

なので私は今日を限りに「頑張って」は禁句にしようと思います。

今日お話しした方の「頑張って」禁句運動に参加しようと思います。

明らかに頑張ってない子への叱責の言葉としてのみ、使いたいと思います。  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(0)

2018年06月15日 23:33  カテゴリ:子育てカテゴリ:勉強カテゴリ:

悩むより聞いてみよう



無料講演会のご案内です

「勉強しない子供の親に伝えたい5つのこと」

子の本当の姿を見失ったまま断絶してしまっていたり、勉強しなさいと注意すればするほどおかしくなっていく親子の関係。

不登校、見えないハンデ。

親の悩みは尽きません。

もしかしたら私たちはその悩みを解決するヒントを差し上げられるかもしれません。

2015年の開業以来、100組を超える親子と真正面から向き合い、様々な悩みを解決してきた塾講師が、多様な実例を交えながらお話しします。

ぜひ私共の講演会に足をお運びください。

日時

2018年6月21日(木) 13:30〜14:30
岡崎げんき館多目的室

2018年7月1日(日)13:30〜14:30
岡崎シビックセンター集会室
※この日のみ終了後、個別相談会を実施します

参加条件
小中高生のお子様をお持ちで、子供の事を真剣に考えられる親御さん。その他教育に関心のある方。

参加費
無料

お申し込み方法
電話 070-5405-9249
(受付時間 朝9時から昼12時)

メール
vowwowisno1intheworld@docomo.ne.jp














  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(0)

2018年06月04日 23:48  

書けば良いというものではないですが、



ある日の夜、塾生から電話がかかってきました。

なにやら慌てふためいています。

「先生! 助けて、大変なんだ」

「何だ!? いったいどうした」

「母ちゃんが、母ちゃんが、へっぴり腰なんだ!!」

「? まあ、お前のお母さんは確かにちょっと気の弱いところはあるが、今に始まった事じゃないだろ?」

「違うよ! 今なんだよ、今痛くて動けないんだよ! どうしたらい良いの!?」

「そうかー、確かにへっぴり腰ってやつは、、、

何だって? へっぴり腰が痛い?

お前それ、ぎっくり腰じゃないのか?」

「もー、ぎっくりでもへっぴりでもいいよ! 俺はいったいどうしたら良いの!?」

「とにかく救急車呼べ、下手に素人が動かすと母ちゃんが余計に苦しむから」

「救急車なんか俺呼んだ事ないよう」

中学生にもなって泣くんじゃない。

「じゃ、待ってろ、俺が行ってやるから」

というわけで夜中に塾生の家に向かいました。

さて、

最後まで読んでしまったみなさん、

申し訳ありませんでした

実話ならなんでも書けばいいってもんじゃありませんね。

お詫びに癒し画像を










  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(2)

2018年06月03日 18:10  カテゴリ:子育てカテゴリ:勉強カテゴリ:

無料テスト対策やって泣けてくる



私たちの塾では、各高校、中学の定期テスト前には無料でテスト対策講座を開いております。朝から晩までです。

大半の学校の中間テストは先週で終わりましたが、C男君の高校だけは今週の水曜日からテストなので、今日は彼一人だけのためにテスト対策講座実施中であります。

それにしてもC男君、

君成長したなあ。

背も随分高くなって。礼儀もしっかりして。

思えば初めてうちの塾に連れて来られた時は不登校で、人生なんか半分投げ捨てた仏頂面の中学生だったね。




医者へ連れてったり、親と三人で学校へ謝りに行ったり話し合いに行ったり、時には肝心の君が塾にも来られなくなって、一緒にドライブして飯食った事もあったなあ。

頑張って高校も合格し、今では私のもとで大学を目指すまでになったね。




立派なものだ。

大学はなんとか推薦入試で確実に合格させてやりたい。

とか何とか思い返してるうちに、良く考えたらC男君の卒塾まであと半年くらいしかないじゃん、という当たり前の事に気づいてしまい、思い出がどっと押し寄せて来て、

やばい

泣きそうだ

ブログ書いてごまかそう









  
  • LINEで送る


Posted by 仲川学院 │コメント(0)